2010年05月10日

大きい畑と小さい畑

最近はそんな風に呼んでいます。
大きい畑は去年から始めた場所で、小さい畑は先週から借りた
所です。竹林を背にした小さい畑は 畝は出来ているものの
草と落ち葉におおわれて畝を足で踏んで歩いても土は沈まない。
どんなに硬く土が締まってしまっているんだろうと一本しかない
鍬を大きい畑から持ってきて耕してみた。
草の根っこがびっしりあるものの土はふんわり。
みみずの多さも半端ではない。草の根とミミズが自然の動きで
耕してくれていたようです。
鍬はもう必要なく大きい畑の方に戻し 草の根っこだけを
取り除く作業をして この一週間で 定番の夏野菜のほか
ミョウガ・バジル・草よけにスイカなどの植え付けも完了した。
そして地形がわからないほどに密集した高草を刈り込むと
山の蕗と遭遇・・竹の子の親玉も伐採して開拓さながら
釜を振り回しながらやんちゃ少年になった気分^^;
蕗はその場で20cmほどに切りそろえて三件のお家で
食べていただいた。
植え付けをするとこれからは畑に行くたびに日々成長する姿を
目にする楽しみが出来る。
大きい畑もちいさい畑もどちらもその地形と特色を生かして
大きくなあれ!!
posted by happy-aguri at 09:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

桜三昧

阪和自動車道→近畿自動車道→中国自動車道
移動すること7時間。。。
し、信じられない体力の復活!?
神のなせる業?
普通なんでしょうが。
私とてその気になりますればこのくらいの
行動力はまだまだ持ち合わすのであります^^
しかし距離にしたら時間かかりすぎ。
実は和歌山から岡山まで インターごとに休憩しては
桜:さくら:サクラ***
どこのインターも見事なサクラなんですよねえ。
今回どうしても野口法蔵さんの断食法を受けたくて
急遽tutayaをお休みにして行ってきました。
行く時点から自主断食が始まっているので一切の
食物は食べないのです。
頼りは ポットに入れた水分のみ。
インター毎に休憩した訳はそういうことなんです;
2泊して合計二日半の断食の後復活食を戴き、
備前で あこがれの(?)先輩様に再会00
素敵なギャラリー茶房で楽しいひと時。
断食開けに余りに元気でよく喋る後輩に呆れただろう。
断食をすると体内のグリコーゲンが二倍の量になり
活発に動けるようになるそう。
今日ももちろんその状態は続く。
朝からサンシン稽古に集まり 来週の徳島県人会出演に備える。
そういえば先週は和歌山城にサンシン持ち込んで
お騒がせ^^サクラ吹雪の下、カメラを首にかけた多くの
叔父様方の被写体になっていたのでありました。
カメラには音は入らないんだけどなあ・・
お城で沖縄音楽弾く三人、珍しかったんでしょうねえ♪
今日の雨はサクラ三昧もおしまいの合図かな・
この雨の後にはまぶしい新緑ですねーー
今日も善い一日をありがとうございました☆
posted by happy-aguri at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

なたね梅雨

今日は止み間無く降り続きますね。
気温も低くなっているようです。

最近は早朝の時間を大切にしましょうということで
4時半に起きて手当法の実践をします。
生姜湯を沸かして 分厚く重ねたタオルに沁みこませ
湿布します。
解毒作用が優れています。
夜は棒もぐさを使った枇杷の葉の温灸もやります。
こちらは 煙による浄化作用がもたらす効果も大きいようです。
そして結構簡単で気持ち良く 私の身体に合っているのが
フレッシャーという鍼効果を得られる金属のローラーです。
リンパ液を効率よく流してくれるようです。

この3・4年間の手当法 食事法 の集大成を試みながら
仕事はセーブ無く 畑も移住生活も続けつつ 自然の御心のまま
。。。今日も一日機嫌よくおわりました^^。。。
posted by happy-aguri at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

ヘナですよ

最近 男性のヘナの注目度がアップしています。
ご夫婦で来店される以外に 独りで来る方も多くなった。

今日は 練成会の浄心業に部分参加。二度目の参加ですが 
浄心業を受ける為の心掛けの説明をしっかり聞こうと
神妙になっているところに職員のSさーん!
頭のてっぺんをペちっと叩いて私の後ろで、「ヘナですよっ!」
って、、、みんな???きょとんとしてるじゃありませんか。
しかし、ヘナをすることで 環境保全 ヘナの木を植えて
CO2削減しよう!なんて、さすが男性の視点の言葉は
ちがいますね。

男性が言葉でもってヘナの意義を伝えてくださると嬉しい
ですね、世界がまた広がるように思います。
tutayaにヘナブーム第2波が訪れてくれます様に^^
 
posted by happy-aguri at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

2010

明けましておめでとうございます
穏やかな三賀日でしたね。
畑で育った葉牡丹と水仙、万年青や楓ゼラニウムを寄せて植え
全て自前でお店の玄関を彩りました。
初詣に出かけるお嬢さんの振袖の支度をお手伝いさせていただき
本来の仕事の素晴らしさを感じることの出来た年頭です。
本来の仕事・・と、付け加えるほどに 最近自分の使命をつくづく
考えるようになった次第です。
出会って関わってお別れするときには光の源に誕生して行く・・
ということも多くなりました。
今年生き延びれば 半世紀生きたことですから当然そうして見送る
立場になったといえばそうなんですが、、、。
人間は神の子本来病なしだそうです。
命そのものも 肉体から見るのと魂から観るのとでは
大きく異なりますね。
今日従妹と妹背山に上がり小さな丘のような山ですが さっきまで
歩いた道や眺めた干潟が観る角度が違うだけでこんなにも違って
見えるものなの!?と、感嘆しました。
普段私達が思い込んでいる日々の諸々のこともこういう事なんだろう
ね と話しつつ帰途につきました。

今日のおもてなし 根菜カレー 豆乳と白菜スープ 玄米ごはん
posted by happy-aguri at 22:36| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

豊かナリ

焦らずとも 良いタイミングで物事は運ぶもの。
暖かなクリスマスの日 tutayaの外壁を洗う。
何の計画もしない毎日。
ただ、ただ今日を生きる。
お客様はいい時間に来てくださる。

日照時間の短い田舎に来て見ると、かまって貰えなかった
野菜たちはイジケモード。。。
11時→3時限定なので冬はここでの活動が厳しい。
美容室の業務終了後に訪れることが出来ないで居た。
大雨に流された畝は殆どそのまま、ハコベやカラスエンドウもどき
の雑草がびっしり生えてきている。
そんな畑の今日の収穫
 キャベツ チンゲンサイ パセリ カリフラワー 大根
 ネギ さつま芋 ジャガイモ 城菜 ほうれん草 水菜
  
 種類だけはすごい!
ただしイジケモードなので キャベツ・・握りこぶし大二個
さつま芋?ちっちゃいの三個 じゃがいも一個 菜っ葉類に
至っては数枚ずつ^^;  
しかしこれらが食卓に並ぶと本当に豊か☆

今日は葉牡丹と日本水仙を根ごと持ち帰る。
小さな花たちと寄せ合ってメイドインtutayaのお正月花が
完成する予定。

そして収穫だけで帰るには忍びなく・・
流れた畝上げ 草取り お礼の肥料も撒いて夕闇前に帰途に着く。
出会いの里より届いた天恵卵は必要な人のところにちゃんと
落ち着き、tutayaには8個残る。
タマゴは食べない私ですが 天恵卵が届いた時だけは一個
必ず、戴く。翌日からは野菜と豆と玄米生活です。
クリスマスケーキも ツリーも野菜と玄米粉で 作ったよ☆
16日「憩いの森」新年会やるそう。
玄米ミルクのパンケーキを作り 持って行きたいです。
posted by happy-aguri at 22:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

祈りの歌

メルパルクホールでのチャリティーコンサート☆
聖なる清らかな歌声に 一瞬にして 浄化されたようでした。
その壇上にはよちよち歩きだった友人の娘の笑顔が輝いています。
中学三年生、一年ぶりくらいに見るその顔は 幼い頃のままでした。
昨日収穫した葉野菜たちを朝からそれぞれ湯通し、根菜は蒸し煮に
して玄米とカヤの実もお土産に持ってゆく準備を整え 余裕で
出かけられるはずが・・・出掛けの嬉しいハプニングに、予定の
11時58分の電車に駆け込むことに00;
そして予定通りに待ち合わせた二人は、ほぼ、すっぴん^^;
友人は娘を一旦早朝に送り出した後二度寝してしまったと説明する。
お互い、迫った時間内に二つのことをこなし難くなったお年頃に
なったことを実感し、共感し合い、成長した子の歌に癒され涙ぐむ。
今日は 仕事のストレスから体調を崩している友人に 玄米を炊いて
送る。初めての試みだけれど かの おむすびの祈りの佐藤初女
さんが 癒しのおむすびを送ったといわれるその内容には
程遠い出来だろうが、行為だけは真似できそう。
祈りましょう 祈りましょう。今日も大切な人のために。。。
posted by happy-aguri at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

田舎移住@

月曜日比較的早い時間といっても午後2時くらいから畑仕事に来る。

夏の日照りが去り、雨が定期的に降るようになって宇根にびっしりと
小さな草の芽が被う。
宇根は6月から始めた頃に比べ土が流れて小さくなった所も。
さあ!草かき、畝上げ◇その間カラカラに乾いたひまわりの茎、
草を燃やす。動き出したら止まらないこの体◇
休憩の代わりに 芋たちの様子を見てみる。ソッと土を掻いてみる…
あ!赤い根っこが芋状に膨らんでいる!
ジャガイモもどうやらそれらしい形に育ったようだ。五時のチャイム
を聞くとあたりはにわかに暗さを増す。今日はヨモギそばの用意が
ある。一瞬芋を一個拝借‥と考えたが、まてまてまだ早い◇
先日僅かながら採れた里芋がある。小さめの間引いた大根とにんじん
があれば十分。葱、城菜を少々持って屋敷に帰る。
随分慣れてきた台所に立ち 一個しかない鍋の使う順番を決める。
蕎麦を茹でて上げておくザルがない。
先ずは根菜を三ミリ幅 半円形に切り沸騰した湯に入れていく。
茹だった根菜を茶漉しですくいカップに移す。ゆで湯は、食べるとき
にちょうどよいそばつゆの量程度にまで減らす。減らす湯は捨てずに
鉢を温める用に使う。蕎麦を茹でる。
刻んだネギを投入、火を止めて三年味噌を入れる。鉢の湯を捨て、
蕎麦を鉢に移す。茹でた根菜を乗せ城菜、大根菜を細かく刻んだもの
を乗せ大根おろしをのせ最後にみそを少量乗せて完成!♪

一個の鍋だと自然に工夫する。此処には油は無いのでどのみち
調理は超シンプル♪畑から来た食材は殆ど余すことなく使い切るが
どうしても出る野菜くずは裏の土に返す。
心静かに大満足の移住生活は越冬が大きな課題に。
暖房器具は大家さんが残して行ってる練炭火鉢 火鉢 手火鉢・・
さあどうする??こんな暖かさは続くわけも無く。。。築100年
の屋敷は隙間風と土間からの底冷えが待っている。さてさてどんな
工夫が出来るのか、冬を迎えてみなきゃ答えも出ない^^;
ようやく振り出した雨がやむ頃には冬将軍第一波かな〜?

posted by happy-aguri at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

日本製

国産とか、日本製とかこの文字ほど最近インパクトある
表示はないですね。
我が家のミシンがにわかに音が大きくなり ハンドルが軋み
はじめ、とうとう動かなくなりました。
あちらこちらに油を差してみたけれど動く気配はありません。
最近は物が壊れると寿命ということが多いですが、和歌山には
駅前にミシンの修理を請け負ってくださるお店があります。
夕方遅く持ち込んだところその場で見てくださいました。
このミシン、決して高いものではなかったと思うのですが
分解してゆく部品を見ていると、中々精巧な感じがする。
購入は22年前。このミシンで息子のいたずら着を何着も縫った。
ご主人が言った。この製品は日本製ですね。よかったですね、と。
外国で作られたものは部品が無くて直してあげたくても直せない
ことも多いそうだ。
そしてご主人の手によって細部のメンテナンスを施され年老いた
ミシンは見事に蘇った。タカタカとリズミカルな音を刻む。
充分動くことが確認された後も ボビンケースの糸を出す部分に
細い芯を通し、小さな誇りクズを取り出す。
こんな隅っこのチリが本体の不具合を起こしている。
人間の身体もこうなんですね。。。と、思わず言った。
本当にそう思えた。
私達の身体もメイドインジャパンなのだ。
出来るだけこの国の物を食し、伝統食を取り入れていった方が
身体が軋まずスムースに動いてくれるように思う。。。
そうくるか?・・って、思います?^^;
そしてこのミシン屋さんにはメーカーも持っていない歴代の
ミシンが並んでいる。さながらミシン博物館だ。
未使用品の年代物の中に戦闘機を造っていた工場の製造品があった。
スカイラインを造った会社だそうで、日産が買い取る前のことだそうです。
塗装が何ともいえない、戦闘機色?
ど素人の私にもわかるほどの緻密な仕事ぶりが伺えるご主人自慢の
展示品です。
日本の職人技術は凄いですね。
こちらの店主が居られる限りうちのミシンは安泰のようです**
posted by happy-aguri at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

富士丸へ・・・

何度笑い転げたかわからない、おとぼけフジマルの顔。
ちょうどこのブログを始めたころからずーっとウオッチング
してきた「富士丸な日々」
大阪に本の出版を兼ねて穴澤さんと富士丸が来た時には整理券
もらって並んで、会いに行きました。
私のブログが月に一回書けるかどうかの日々になって、なかなか
見る事が出来なくなっていた。
体調管理、移住生活も板に付き 3時予約のお客様待ちの時間、
何となく開けたブログは「憩いの森」・・・は、更新なし。
そうそう、正宗兄ちゃんの顔を見てみようと、「チワトラ日記」を
開けたところ 富士丸の訃報を知った。
もちろんすぐに「富士丸名日々」を開けてみた。
富士丸は本当に旅立っていた。
享年7歳だそうです。
富士丸の犬離れした表情、穴澤さんの視点、本当にずい分
笑かしてくれて・・ずいぶん免疫アップさせてもらいました。
ありがとう*ありがとう*ありがとう*
posted by happy-aguri at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

気がつけば☆

右腕の不調は治ってました。
思えば10年ほど前に 成人の日の帯結びで肩を傷めていました。
以来、○○肩には年齢がまだ程遠いだろうと、たまにジクジク
痛むことがあるくらい、放っていました。
大体、なんでも放っておく性格です。
今回はそうはいきませんでした。
右腕の痛み+リンパ節も腫れてるのですから放って置けません。
 
温め、冷やし、転地して生活変えて5ヶ月、昨日気付いたのです、
右腕にはもう何の違和感も無いことに。

そこに気づいたのは 和歌山市内の経営者の方が小さな
心の集まりを持っていると聞き、参加させてもらってからです。

化学工場の社長さんのお話の後、私に振って下さったので二年前の
手術のことを含め、最近起きてきている小さなトラブルは何かの
メッセージと受け止めたらよいでしょうか?と、質問したところ
こういう答えが返ってきました。

○トラブルや病気、起きてきたことには感謝することです。
 しかし 案外できて出来ていないことは、何もないことへの
 感謝です。
 
・・・何もないこと=当たり前のことです。
 そうでした。現象として何か現れたときに慌て、不安になること
 よりも 当たり前に動いてくれているこの身体の隅隅にまで
 感謝しよう*
 
つい先日、手術した左側肋骨付近の腫れと痛みが現れ 
慌てました。
手当を増やし、生活や心の持ち様の再点検です。 
そして気付きました。腫れや痛みはあっても仕事は充分出来る、
畑に行ける・・・そうだ、春に起きていた右腕の不調はもう
無くなってしまっている!!
私の体はパーツではない。
全てが影響しあって繫がっている。
現象は、やがては消えてゆく。
私がやることはただひたすら タマシイが悦び神が悦び人が喜ぶこと
を積み重ねてゆくことでした。 




posted by happy-aguri at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

今日もいい日

唐突ですが
分院が新しく建て替えられた後には外科外来は無くなるそうです。
昨日4月以来3か月ぶりに検診に訪ねて、そう聞いた。
田舎への移住もあって久しぶりの訪院でした。
二年通った慣れた道・・豪雨もなんのその。
きっと決して機嫌よくないだろう主治医と今後を話す。
私は無治療
検診と検査のみをお願いしてきた。
それを受け入れる病院は難しいらしい。
治療しない意思を伝えたとたんにあっさり来院を断られる
場合が少なくないらしい。

○貴女と、我々医療従事者とは真逆の考えだから気持ちを
 寄り添うのは無理ですよ。
△  でも、治すという方向は一緒ではないかと思います。
○現に血液のマーカー数値が上がってきているのは、貴女が
 やってきたことが 効果が無かったと言えるのではないか?
△  いえいえ、それは私のやり方がまだまだ甘かったということ
   です。
そんな基本のやり取りの後、明日 希望転院先の医師と会うので
話しておきます。受け入れ可能かどうかの確認は血液検査の
結果も含めて来週電話してきてください。ということになった。

会計を済ませる私の後を追うように看護師さんが来て
「先生のお立場上、ああいう言い方になるけどご自分の身体ですから
ご自分の考えをしっかり持ってやって行ってください」
そしてなぜか転院を希望する私の話をもうすでに知っている
病棟の職員さんを交えて談笑。 
差し入れの玄米おにぎりを褒めて頂く^^
そして、8月も来るの?と、それって、暗に次のご催促??^^
うれしいなあ〜〜もちろん、こんな喜んでもらえる楽しみ
あるなら来ますよー

さて、7月もなんとか駆け込みで書けました。
セミは鳴くけど梅雨まだ明けないですね・・
今日もいい日だーガンバロ^^!!



posted by happy-aguri at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

南風

沖縄で南風を「はえ」というらしい♪
こちらでも南風に吹かれて、古民家の掃除を進める。
こちらの南風は 涼やかだ。
山に囲まれ、開け放した台所の窓からは緑の山肌や林が見える。
通り庭を風が吹き 田の字に振り分けた4つの部屋の畳の上を
撫でて吹き抜けてゆく。 長年思い描いた暮らしが始まっている事に
戸惑いも 大きな感動も 不安もなく、此処に来ることはもう決まっ
ていたかのように 何もかもが 淡々と過ぎてゆく。
大家さんが好かったら使ってくださいと残してくれた食器は昭和の
テイストでどれも箱入りの未使用品。
5個揃いの湯のみの底に「○○カメラ」の文字入りがなんとも
時代をほうふつさせて楽しい。
戴いた昭和テイストの中の布巾セットは重曹で洗われ、ロープで張っ
たにわか物干しで乾いて出番を待つ。
明日もいい日だ*
posted by happy-aguri at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

フル活動の最中

右腕に変調が。
美容師の「命」なのに。。。

食を減らし  
西式体操・温冷浴・生姜罨法・びわ葉擦法・温灸。
お客様待ち時間も温灸。
仕事終了後にはウオーキングに出かける。
オレンジの夕日を見ながら大橋へと向かう。
橋の歩道入り口で やっと会えた。
橋の下のネコ家族のサポーターだ♪
「よかったねえ〜ごはん貰えたの?」
と、猫に話しかけると、表情の和らいだおじちゃん。
分かるよ・・住宅地では猫に餌付けするなと言うひと、
居るものねえ。
「ありがとうねー」
と言い残して私は紀ノ川縦断。
そしてユーターンして対岸を戻ってくると、向こう岸を
歩きながら手を振るおじちゃん^^/
私もおおきく手を振ったよ♪
フル活動で気持ちが張り詰めている中、同じ目線の人との
一期一会はうれしい。。。

tutayaの営業時間は午後12時から5時に凝縮させていただきます。
posted by happy-aguri at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

満開の桜の中

和歌山にはこんなに人が居たの?
と、思う 桜が満開の和歌山城。

ダイワロイネットホテルには手作り作品を展示販売する
お店が並ぶ。

少し髪を伸ばしてみようと考えていたので この手作り市で
見つけた ちいちゃなダッカールピンはこれまたちっちゃな
果物の破片がモザイク状にびっしり乗っていて 楽しく髪を
まとめられそうなので購入^^

最近よく集まるKチャンMチャンと三人で昨日からネタ作りをして
朝焼いてきた亜麻仁オイルのお菓子を桜の木の下・・ではなく 
お城正面入り口から続く沿道をはさんで設置されたベンチで
いただく。 
桜は視界にばっちり入り、ごく自然に背景となり、三人は暫く
桜見物に来た「人」を見物することとなる

着物の女性 ペットと一緒の人 ミニたい焼きを袋いっぱい
買ってもらって 嬉しそうに食べ歩きする子供。
香料も甘味料も使わないソボク〜なお菓子を食べながら その
ミニたい焼きの屋台からやってくるアマ〜イ匂いに、たい焼きの
ミニサイズはいい発想だねーー!!と、三人で褒めまくる**

宇宙気功なるものを伝授してもらいに 会場に向う道すがら
お堀にはなんと、遊覧船が”””

手を振ってみよう@
誰からともなくそう言って 本当に遊覧船に向って見ず知らずの
乗船客に手を振ってみた。
ご機嫌の女性達が 満面の笑顔で手を振って応えて見せた。

ご機嫌ご機嫌^^これも桜のパワーの成せる技?

宇宙気功も伝授され 桜なみのエネルギーを周りの人に
送ってゆきましょう000000OOOOOO>>>....
posted by happy-aguri at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

桜色

いつも間にか この色が 好きになっていた。

辛子色も青空色も好きだけど今年初めて買った春のTシャツは
桜色。ユニクロのワゴンで 見つけた・・(ぷっ)

明日の午前中に届きますと聞いていた モクモクファームさんからの
初めての お届け物は 一便早く、本日到着。

タマゴ・バターを使わないで作られた塩クッキーや どっしりと
した ドライフルーツパンに交じって 冷凍しない 解体された
ままの桜色の 豚のもも肉も入っていた。

そうそう、注文の時点ではまだ読み終えなかった「食堂かたつむり」
昨日 涙と共に読みきったところ。

飼い豚のエルメスが 解体され 最高の料理となって 並んでゆく。
ほほ肉を刻み ソーセージに作られて行く、そんな情景を
淡々と音でもない、映像でもない、文字という手段だけによって
想像するうちに「食」への感覚がベールをはがされていく。

エルメスが自分の命が飼い主の手によって閉じられようとしているの
を悟っているかのようなしぐさや表現は じっと文章に目を落として
読むことは出来なかった。

意味もなく洗面所や店の隅を歩き回りながら、それでも 文章からは
一切目を離さず、泣きながら 読み終えた。

小川糸さんという女性をちらりとテレビで見たのはほんの一瞬。
あ・・もう少しこの人の事を知りたい
そう思いつつも、仕事の時間が迫り とりあえず 彼女が書き下
ろした 本のタイトルだけメモ書きして 置いていた。
こんなことは、ざらにある。
メモは、メモだけに終わって本を買うまでに至らないことが
ほとんど。。。でも今回は本を手にし直ぐ読んだ。

このひと月 本当に 体調を崩していた。
身体を取り戻すために 尽くした数だけ消耗してまた疲れた。
この本はきっとこの疲れを癒してくれるに違いないと信じていた。

「食堂かたつむり」は 半分を読み進めるまで 本当に和やかな
気持ちを提供してくれた。25歳の倫子(リンゴちゃん)の 
1日一組だけに提供する 祈りの料理は 私の祈りでもあると 
共感して読み進めた。

後半、共感が 実感に変わり リンゴちゃんが 「おかん」と
呼ぶそのオカンは強烈な性格と生命力で生きてきたにも拘らず
たった二文字の病気によって 簡単に死を受け入れてゆく。
そして エルメスの人生ならぬ豚生も自分の命の完結の前に全う
させることを提案する。

リンゴちゃんは オカンの提案を受け入れ 料理人として
飼い豚のエルメスの頚動脈を切るという仕事を遂行する。

毎朝どんぐり入りの天然酵母のパンを焼いて餌に与えていたエルメス
の体を 肉の味として表現している。

私は完全菜食にして たった二年です。
その以前には 豚の肉も 物として パーツとして
料理し、飲み下してきた。
命という実感なく、自分の体のものとなった。
結果、病気も招いた。

身体治しは 食直し 心直し と とり組んでは来たけれど
そこにはいつも 命のやり取りがあることに気付かされる。
この本を手にしてよかった**
もう一度、丁寧に読みたいとおもう。 

リリーフランキーが愛したオカンは一緒に育ててきた 愛
リンゴちゃんのオカンへの愛は これから育てていく 愛 
そんな印象かしら〜   季節は桜色  ♪

posted by happy-aguri at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

3月の風

基本的に日月はお休みにしているのですが昨日は午後WTWの会
主要メンバーの集まりということでお店を抜けたので今日は久々に
日曜営業。
早めの夕方には注文の品を届けに古民家カフェあなりへ。
帰宅後もまだまだ日が高く 春の気配に急に勢い増して伸びだした
ベランダの野菜たちの間引き、草取り、そして冬中土の中で
じっとしていた人参は 細くぎゅっと引き締まった体になって
薄オレンジの姿をみせてくれた。
日中の日差しの温かみを残したふっくらとした土。
雑草の細い根が土に分け入りエネルギーを送り込んでいる。
こんなプランターにさえ感じるいのちの源へのなつかしさ。
3月の風は やさしい なあ *・*・*・♪
posted by happy-aguri at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

駆け込みで

2月を埋めに訪れた。
昨年も2月はたった一日の更新なので読んでみると。
頭痛いってかー
同じような事書けないなあーー:

18日に熱海でのパーティーに美容担当で呼ばれた日から
ずーっと引きずっているこの体調;
15人を一時間で仕上げるように言われたのがストレスの始まり。
結局9人を一時間半で仕上げたのですが 頭痛 吐き気 でもう
ふらふら状態。
翌日から店に立って回復したように見えたもののストレスの払拭
はどうも食に向いたようで 頭痛はぶり返す、肩はパンパンに
凝る、足は浮腫んで戻らない!!
こうならないと駆け込んで来ないのかと言いたいだろうねえ 
天野先生^^:
肝腎 胃腸のバランスが崩れてます!
と、各所の経絡にお灸、鍼を施してもらい お腹を温め、ひと心地。
夜にはキュウレイコン湿布を 肝腎脾 肩 足裏に施し 昼間は
お仕事中もびわの葉っぱを全身に貼り付け・・・
食事は固形食を避け、玄米クリーム いつもの青泥はしっかり絞って
ジュースのみに。
ん〜〜歯と頭はまだ鈍いものの回復しつつありまります。
身体さんありがとう ありがとう ありがとう そしてごめんね*
今度からちゃんと声を聞きます。
posted by happy-aguri at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

笑って前へ

酷寒の関西地区のみなさん、どうお過ごしですか?

寒いと動きが鈍りますね。用事を後へ後へと先送りして

しまっていませんか?

私は、サボり癖がついたまんまーー;

掃除機をかけるのは空気が汚れるからと、窓を開け放つのが

コワイので 掃除はもっぱら掃き吹き方式です。

先日、オルター宅配の日、玄関に結構な嵩の箱が積まれていた。

あ・・・いつもの青菜ちゃんたちね。。。と、開けてみると一箱には

大量の人参。ふたつ目は、ロールペーパー。三つ目、大根と乾物。

はは〜ん、頼んだつもりだったけど、来週からの実習会参加を

見越して 止めたんだったっけ??

甲田式生菜食を始めたのは 6月。毎回250グラムの青汁を

作るのもなんのその♪そのうち毎回作るのは大変なので朝、2食分を

作ることに。そして秋風が吹く頃には 一週間分3・5キロの青菜

を宅配で頼み一気にミルサーにかけて冷凍するという方法に

変化した。この方法も寒風が吹く季節ともなると冷えた台所で

冷たいお野菜たちを相手にひたすら泥状態にする作業を延々

2時間は、厳しいものがある。

でもこれは今の私の命綱^^;休んだことないのだけど、品物が

ないのでは仕方ないなあ〜〜^^〜〜
粉末の青汁で代用しますか・m・

・・ところが翌日、「荷崩れを起こしたもので 雑貨の中に紛れて

お届けが遅れましたーー」って、やっぱり大量の青菜ちゃんは

我が家に運ばれて来たのでした。

冬場とはいえ少々しおれ気味の青菜をパイロゲン1000倍液に

浸してしゃっきしゃきの野菜に変身させて朝から大格闘の末 

見事に綺麗な色の青汁が完成。ふう〜00。。

あら、予約外の時間にお店でドアの音が・・
東京でお仕事に就いてるN君じゃないですかー
15年前の高校生時代と変わらず訪ねてくれる。
そうそう、年末に仕入れた新しいアイテムがあったわ!
コットンクラブさんが手作りされている備長炭100%の
炭ペーストでトリートメントしながら 近況話を訊く。
そうしているうちに息子帰還^^
実は二人は同じ職種に就いている。
当然年上のN君は大先輩、息子は一時 メールで彼に相談事を
していたようだ。
しかし顔を合わせるのは今回初めて。
二人、暫く共通の話題を網羅して 話し続けていた。

tutayaを17年続けてきて こんな瞬間、本当によかったと
思う。 何年たっても お顔を見せてくださり、また
次の代にもつながっていく。

今日も青汁作って 生菜食して 笑って前に進んで 
いいことあって 嬉しい たのしい あすもガンバロ☆
 

posted by happy-aguri at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

空けましておめでとうございます

しょっぱなからとぼけてるんじゃない!!と、自分に叱咤しつつ

やはりふつうに文章を書くのが何か小恥ずかしい私?

この正月、悟りを開いたのです。(ケケ)

それは空(無)になること。日本女性の諸先輩がたなら 身について

おられた事でしょう。自分の行ないは「無」になってさせて頂く

ことだ。ずっと、訳の分からなかった「般若心経」

訳わかんないけど小学校四年生から空覚えしていた。

大好きな祖父が他界した時に母から「おじいちゃんが凄く喜ぶ」

と教えられ私は毎日お仏壇に通った。毎日読んでいるうちに

いつの間にか教本を見なくても唱えられるようになっていた。

お財布の中には小さなカード形式の般若心経がいつも入っていた。

特別霊験あらたかな所で貰ったりしたものでなく 若い頃

勤めていた美容室のお供の週刊誌(笑)なんとかセブンの中に特集

された中にあったものだと思う。ハードなお化粧して煙草とお酒が好

きでブイブイいわせているのに週刊誌から切り取っていたんですね。

変わった子ですね。何か心が詰ったりした時には写経もしていた

と思う。が、現実には俗世間にとっぷり浸る日々(あたりまえか・・;)

般若心経に再会したのは 熱海断食道場でした。

今私は15歳でお別れした母、11歳でお別れしたおじいちゃん、

お会いしたことのないおばあちゃんと、おばさんを 場所を決めて

祀り、毎朝般若心経を唱える。この中には無と空が沢山出てくる。

出版されている解読本には、無になること、物質は皆無であり空

であると書かれていて・・・訳わかんなかった。

お正月も何の変わりもなくまだ暗い部屋の片隅にお灯明をつけ

 年末に買った銀色のカッコいい五具足といい音色のお鈴にうっとり

しつつ、、、

「そおかー!」と、空を悟ったのでありました。

ぁぁ訳判ったようなわからんような、でしょう。

ところで。甲田式生菜食を実行しつつも年末に引いた風邪が
温かい食事の欲求をかきたて、風邪はさっさと治ったくせに
脱線しまくってしまった。生の大根・人参・山芋・豆腐と青汁と
生米以外は違反食なのです☆☆;豆●芋○味噌がどれほどご馳走かがよく分かりました。。
さー今日はクリニックの予約日。IKUKOさんも同じ時間なので
待ち時間もなんのその^^さて!温冷浴と体操してシャキッとして
きます!
posted by happy-aguri at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。