2006年05月26日

猫町劇場

大正区にあるチャイ工房で、猫町劇場というコピー集を見てから
どうしてもほしくなり、作者さんの連絡先を教えていただきました。
メールでお願いしたところ、お忙しい中作成してくださり、
昨日手元に届きました。

何回も何回も繰り返し観たい写真集です。

震災前と震災後に撮られた大阪、西宮の下町を中心に、
そこに棲む猫たちの表情がうかがえます。

生まれたときから猫に囲まれて暮らしている友人の子どもにも
見せてあげたくて、また作成お願いしてしまいました。

猫の暮らす町は、平和だなあとおもいます。
猫は生き抜くために必死なんで、やさぐれ猫だったりするのですが
かえって周りの人の心が豊かなんやなって思います。

あれ?最近動物系の話題が多い?

tutayaは、マイペースで盛業中ですよ!タオル干しの時間は
ややペースダウンですが、昨日は助っ人現る。。
となりの5歳の女の子です。
保育園から帰って体操着のままtutayaの前に来て、タコ足
に一枚ずつタオルを掛けていると、おしゃべりをしながら
小さな手でバケツから一枚ずつ取り出して手渡してくれます。
ぅぅ・・かっわいいなあ。。

5歳の隣人にも支えられて、とーってもハッピーです☆☆







posted by happy-aguri at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
いいお話有難う。

猫なのですが、息子が大好きです。
留学先のアメリカから連れて帰ったほどです(笑)
Posted by cotton母 at 2006年05月28日 23:06
アメリカから連れ帰ることが出来るのですね!
猫くん、元気なのでしょうか。
見てみたいです。
周囲の言葉・・・猫語などはコミュニケーション
上手く行ったのですかね☆
Posted by tutaya at 2006年05月29日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。