2008年12月31日

おまけ

思いがけずというか思い通りというか 今までに無い
ゆとりの大晦日を迎えたtutayaです。
信じられナイほど 余裕 あり デス☆
・・で、思いたって出張おしかけカットに出向くことに。
なんて身勝手な美容師でしょう。
「先日忙しくてお断りしたんだけどあれから髪切りました?」
「いやあ〜〜そのまんま」
「じゃあ、今からそちらに出向きますわ〜」
「あー、はい。」
心身調和療法の治療師 あナリさんは 本業がよく分からない
器用な人。古民家で趣味の10割手打ちそばを営んでいる。
大晦日の3時。忙しいのかどうなのか判らないまま押しかけたら
唄っていた。ギター片手に男3人が・・。
昭和の唄のオンパレード☆ 玄関に本当にジュリーが居るのか
と思う歌声が響いていた。
あまりの乗りのよさと懐かしさ.m.に一緒に唄っているうちに
冬至は過ぎたとはいえ日暮れは早い。
ひろーい庭で日差し受けつつ髪を切ろうという計画は見事にボツ;
「じゃあまた年明けにねーー」
年越し用のお蕎麦に橙に干し柿まで貰って帰る道すがら・・
あナリさんのあの年齢不詳のようなどっから来るのかわからない
エネルギーの源を見たような気がしてきた。
*こだわらない
*楽しいことは後回ししない
*仕事は時間内一生懸命

tutayaも来年の 身の振り方が ほぼ 決まりました☆
その続きはまた来年☆ よいお年を ☆☆☆
posted by happy-aguri at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

いっぱいの幸せ

何がいっぱいって、ネタですよ^^

もうありすぎて書けない@@ 

年々加速度的に面白いほど膨らみ続けるネコのつぼみは

おとぼけ度も年々アップ↑↑

2008年もそろそろ終わりですが色々ありましたmm

戴く果物類で 多いのは「柿」さすが柿大国和歌山☆

ご近所では庭木の枝にみかんを刺してあげていて、メジロが

啄みに訪れる。 戴く柿も順番に熟してきている・・そうだ!

柿は枝には刺さらないがブロック塀に並べてみた。きっとうちにも

メジロさんが喜んで訪れるはず。。。なのに

数日たっても柿は丸いまんま。?おかしいなあ。。

でもよく見ると三角に穴が開いてるからたまには味見に来てるンだ。

仕事をしつつ奥ゆかしい鳥の姿を想像して塀の方に目をやると、、

なんと つぼみがブロック塀に乗って柿の番をしていたXX

昼間は紐に繋いでもらってお外に居る猫たち。

まさかのブロック塀にフライングジャンプした つぼみ@@

日暮れまで見張られてたんじゃあ鳥目の鳥さんは食べる暇ないよな。

暫くは猫たちを繋ぐ位置を変えたのは言うまでもありません。

翌日 柿は見事に完食でした。

・・とまあ筆まめなtutayaが一個事件を書くともう手一杯^^;

ほんとはね、今日は 穴場を見つけた事を書きたかった。
山を歩き里を歩き びわの葉採集に余念がないtutaya。
いい出物があると思えば手が届かず、なかなか葉っぱの採集は
難しい。これが 簡単に手の届くところにいーっぱい葉っぱが
採れる場所を発見。
もう この町に引っ越して来たいほどの感激!!
しかも葉の質は最上級品☆☆☆
丁寧に洗い、数枚ずつを 新聞紙にくるみ、これでお正月中は
安泰♪♪
ふう〜・・しかし、このブログ 来年からどうするか?
ペットブログに変更?それとも 闘病ブログってかーー?
だれにも闘病には見えてませんな?
ま、いずれにしても 2009をかんがえまっす*^^*
佳い年末年始をお過ごしください☆
posted by happy-aguri at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

時空を越えて

従姉ねえさんから12月に和歌山に来るからとメールが来たのが
ひと月前。和歌山の地を賛美するために訪れるのだとか。
クリスチャンの従姉ねえさんは そうして年に何度も気になる土地を
訪れては賛美歌を運ぶそう。。
賛美歌、すてきですよね。
昨年 術後間もない頃 私も礼拝に誘っていただき癒されました。
洗礼も受けております。
この二人が再会したのは 「日前宮」
二人ともここでお宮参りをしていたのでした。
参道を歩き神殿にご挨拶をして そのまま 共通の思い出の祖父の
居た家の跡地へ。。。
京都で一人娘として育った従姉ねえさんは和歌山駅から徒歩15分
程の距離の祖父に会うための家路を懐かしむように 時に カメラ
のシャッターを切りながら歩いた。
私は 人のおうちの庭とも道ともわからない路地裏を駆け回った
子供時代の記憶にタイムスリップしていた。
そして
tutayaでヘナをして 夕食。もちろん私が作る玄米菜食ディナー♪
ソイミートのシチューは従姉ねえさんのお気に入りとなった。
帰りの予定の電車にふたつも乗り遅れるというどたばたハプニングもまあ・二人で笑い飛ばし離れた土地で全く違う価値観の中で
育った私には少し遠い存在のねえさんが とても親近感を持てた
日となりました。
ご先祖様のお導きと感じております。
ねえさんはきっとイエス様のお導きと感じていることでしょう。
posted by happy-aguri at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

気になる目線

小さな庭に生い茂った木々の枝をばさばさ切り落とし 窓からの
日差しがたっぷり入るようになったtutayaの窓^^
長い間据え置きになった植木鉢の大移動に、大慌てで引越しする
丸虫君に、枝にぶら下がったまんまのミノムシ君;ごめんよーー;
まあ、丸二日ほったらかした枝から上手く脱出したでしょうね?

さて・・ずい分元気になったとはいえ なにかと疲れやすいお年頃。
夕刻をごろごろストーブの前でネコと共に過ごす。
そのネコの目線は愛する飼い主を通り越し、私の左肩あたり・・
ど、どうしたというの?何かツイテルとでも?
たまにあるのよねえネコが空を見つめる時って!
深くかんがえなーい++++と ムシを決め込んだとたん
私の視界に入った左肩辺りを這いずるシャクトリムシ@@
なんだー!?ネコはここに目が釘付けだったのか。
虫と土が大の苦手だった若い頃 開店花からくっついたと思われる
青虫に固まってしまった経験があるが。。
最近では植木鉢の下からうっかり丸まって現れる夜盗虫クンを見ると
ネコのつぼみを連想してしまうほど、生き物全般を見る目が大差
なくなってしまった。
ネコと虫を同じ目線で見る私もどうよ?だけど、
ネコのハナちゃんよ・飛ぶ虫はあれほど追っかけるのに
微妙な動きの飼い主の肩を這う虫にはあなたの方が固まって
たのね・・♪
まっ**また中身のない〆で おやすみなさい♪
posted by happy-aguri at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。